消費者金融コラム

学生が利用可能なカードローンには消費者金融が多い

学生生活を送る上で、大学や大学院ではサークル活動も盛んです。

必要な活動費用や楽しみに計画する学生同士の旅行など、日々の誘惑の中でアルバイトを必死に行っても、出て行くお金が追いつかないことがあります。

 

多くの学生にとって、金欠は不況に関係なく切っても切り離せない関係でしょう。

ジェイスコア

学生でも申し込めるカードローンは限られている

急にお金が必要になった時に、学生が申し込み可能なカードローンは、全金融商品の中で一部に限られます。

なぜなら、カードローンの中には利用限度額が大きなタイプも数多く存在しており、アルバイト勤務では審査対象とならない金融商品が少なくないからです。

 

カードローンへの申し込みは、1度行なうと申し込みを行なった履歴が半年間は個人信用情報機関へ登録されるので、半年間で申し込むカードローンは2社以内とすることが望ましいとされています。

カードローンの申し込みを行なった履歴が個人信用情報機関へ登録されているにも関わらず、契約した事実の掲載が無ければ審査落ちしたことが他の貸金業者には分かります。

他社で審査落ちを多数繰り返した人に対しては、慎重な審査を行い、リスクが高いと判断されれば見送りとなる可能性が高いわけです。

 

続けて申し込めるカードローン数に制限があることから、最初からアルバイト・学生可能とするカードローンを選んでおく必要があります。

まずは、カードローンの審査に通過することから考えなければなりません。

消費者金融が積極的に学生にカードローンを勧める理由がある

学生が申し込み可能なカードローンには、銀行よりも消費者金融に多い傾向があります。

学生の中には、初めてカードローンに申し込む人の割合が高いので、貸金業法に則った貸付を行なう消費者金融にとっては是非とも利用して欲しいと考えているでしょう。

 

総量規制による貸付制限として年収の1/3以内に抑える義務を負っている以上、借入残高が0の学生は貴重な存在です。

アルバイト収入が安定していることが条件となりますが、レギュラーバイトを半年程度続けていれば、審査対象として十分としている消費者金融も多くなっています。

 

総量規制が消費者金融に及ぼす影響は大きく、既存の社会人に対する貸付では返済能力が十分にあっても貸付額を増やせない人が続出しています。

1人あたりに貸せる金額が少ない以上は、貸付対象を増やさないと消費者金融にとって貸付残高が減り続けてしまうわけです。

 

学生であってもしっかりアルバイトをしている人ならば、アルバイト・学生可能なカードローンと謳うことで積極的に勧誘を行なっています。

ただし、多くの消費者金融では満20歳以上を条件としている点は、銀行カードローンと同じです。

 

大学1・2年生の中には未成年者が含まれているので、未成年の間は地元限定で貸付を行っている学生ローンを得意としている中小消費者金融から探す必要があります。

大手では無いものの、地元の学生向けに限定して未成年者に対するカードローンを実施しています。

銀行カードローンを最初から選ぶと安心です

銀行カードローンの中には、消費者金融出身の所があるので、全ての銀行が学生やアルバイトを敬遠しているわけではありません。

学生・アルバイトでも申し込み可能としている銀行カードローンを厳選してから、申し込みを行なうと良いでしょう。

 

銀行カードローンは、金利を低く抑えているので審査が慎重になります。

しかし、銀行法という貸金業法とは別の法律に則り貸付を行なう銀行カードローンは、総量規制対象外として知られています。

年収の1/3を超える貸付であっても、返済能力があると認められれば融資を受けることが可能です。

 

銀行カードローンの最大の特徴は、総量規制対象外ですから、長期延滞に気をつけていれば、将来クレジットカードを作ることも可能です。

就職活動を行い、内定が得られた段階で給与振込口座の開設を行ないます。

 

銀行口座開設と同時にクレジットカード申し込みを行なうように指定する会社が増えており、内定取り消しとならないためにも、クレジットカード審査に影響を及ぼす借入には注意が必要です。

 

銀行カードローンならば、適用される法律も加盟する個人信用情報機関も信販会社とは異なるので安心というわけです。

就職活動が始まったら返済を重視しよう

学生にとって就職活動が始まると、アルバイト出来る量が減りやすく、カードローン残高を増やしてしまう人が少なくありません。

 

しかし、実際には就職活動が始まった段階で、カードローンは返済を重視して借入を抑制することが望ましいです。

なぜなら、会社へ就職して3年経過すると住宅ローンの申し込みが可能な勤続年数に到達します。

 

住宅ローンを組む際には、銀行側から全ての債務を0にすることを条件提示されることが珍しくないので、就職後3年以内に完済出来る金額にカードローン利用額を抑えておく必要があります。

奨学金を受けている場合には、例外として認められますが、カードローンについては借入だけでなく返済を必ず意識した利用が学生であっても求められていると知っておくことが大切です。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ジェイスコア
  1. はじめての方へ

    消費者金融の審査基準とは?審査に通るために必要なこと。
  2. はじめての方へ

    主婦がカードローンでお金を借りるには?すべて教えます。
  3. はじめての方へ

    来店不要でキャッシングする方法は?即日融資も可能ですか?
  4. はじめての方へ

    キャッシング会社の選び方は?徹底比較でオススメの会社が分かる!
  5. はじめての方へ

    キャッシングをスマホで完結!来店不要でお金を借りる方法を徹底解説
PAGE TOP