はじめての方へ

主婦がカードローンでお金を借りるには?すべて教えます。

主婦がカードローンでお金を借りるには?

主婦だけどカードローンでお金を借りたい!そう思っている方は多いのではないでしょうか?カードローンは、主婦は借りられないと諦めてしまっている方もいるようですが、条件をクリアしていれば問題なく借りられます。

ここでは主婦がカードローンでお金を借りる方法について解説していきます。

アプリローンのプロミス

主婦がカードローンで借りる方法

主婦がカードローンでお金を借りるにはどんな条件があるのでしょうか?

パート主婦なら配偶者の同意なしでカードローンで借りられる

パートやアルバイトなど働いて収入がある主婦は、自分の返済能力や信用力を元にカードローンで借入れできます。もちろん配偶者の同意は不要ですので、内緒で借りることも可能です。

パートによる収入は、会社の正社員に比べると少ないという方がほとんどでしょう。そのため、審査には通るのは難しいと考えていませんでしょうか?たしかに収入が多い方が、審査は有利になる可能性は高いです。しかしカードローンの審査は、収入額だけで決まるのではなく、あくまでも総合的に判断して融資するかどうかを決めています。

そして収入で重要なのは金額ではなく安定性です。収入が安定していれば、金額がそこまで高くなくても審査に通る可能性は十分にありますので、安心してください。審査では、「借りたお金を毎月滞りなく返済していけるだけの収入を、今後も継続してもらい続けられるか」が重視されるということです。

安定収入の定義は、カードローン会社によって異なりますが一般的には「毎月1回以上、給料を受け取っていること」とされています。普通の会社であれば毎月決められた日に給料を受取できるでしょうから、収入の安定性に関して、そこまで不安になることはありません。

借りるなら消費者金融と銀行どっちが良いの?

カードローンで借りると言っても、カードローン会社は実に様々です。初めてカードローンを利用する方であれば、どこで借りればよいのか迷ってしまいますね。そして一番の悩みどころが、消費者金融と銀行どっちで借りればよいのかということです。

それぞれメリット・デメリットについて紹介します。

業態 メリット デメリット
消費者金融
  • 即日融資
  • 土日祝日も借入れ可能
  • 無利息キャッシング
  • 利便性が高い
  • 内緒で借りられる
  • 金利が高い
  • 総量規制の対象
銀行
  • 低金利
  • 最高限度額が高い
  • 総量規制の対象外
  • 審査が厳しい
  • 審査や融資に時間がかかる
  • 口座開設が必要になることがある
  • 消費者金融に比べると利便性が低い

消費者金融は融資スピードが早い!

消費者金融を利用する最大のメリットは「融資スピードが早い」ことです。特に大手の消費者金融なら、申し込んだその日にお金を借りることも難しくありませんし、早ければ1時間以内に現金を手にすることも可能です。

借りたい時に借りることができるのも消費者金融のメリットです。大手消費者金融では、無人で手続可能な「自動契約機」を設置しています。平日の夜間はもちろんのこと、土日祝日でも営業していますので、借りたい時に借りられる可能性が非常に高いです。

消費者金融は銀行に比べて金利が高いですが、一定期間利息なしで返済することができる「無利息キャッシング」を提供しています。設定された期間内であれば、利息は一切かかりませんので、うまく活用すれば銀行で借りるよりもお得になることもあります。

利便性が高いのも消費者金融のメリットです。申込み方法や返済方法が非常に多彩で、自分の都合に合わせた手続ができます。例えば、申込みから借入れ、更には返済まで全て自宅にいながら済ませることも可能です。手間なくスピーディーに利用できますので、忙しい方にもピッタリです。

家族バレが心配な方にも消費者金融はおすすめです。手続方法を工夫すれば、消費者金融からの郵送物をなしにすることもできます。家族に郵送物を見られて借金バレするという心配もなく、安心して借りられます。

逆にデメリットは、銀行に比べて金利が高いこと、総量規制の対象であることです。金利は上限で18%で設定している業者がほとんどです。総量規制の対象ですから、年収の3分の1までしか借りることができませんので、高額な借入れをしたくてもなかなか難しいです。

低金利で借りるなら銀行カードローン

銀行カードローンのメリットは何と言っても「低金利」でお金を借りられることです。消費者金融の金利は上限が18%ですが、銀行カードローンは高くても14%程度です。カードローンは初回で設定される金利は、ほぼ間違いなく最高金利ですので、最高金利でも低めである銀行カードローンは主婦にとってもありがたいですね。

また最高限度額が高いのも銀行カードローンです。加えて総量規制の対象外ですから、高額な借入れにも銀行カードローンは最適です。ただパート主婦ですと、高額な借入れは難しいですから、必ずしもメリットとは言えません。

逆にデメリットは、審査が厳しいことです。低金利で貸し付けるため、その分審査基準が厳しめになります。消費者金融の審査は通っても銀行は落ちたという方も多いですから、審査に自身がない方は申し込まない方が無難です。

銀行カードローンでも即日融資に対応してきていますが、それでもまだ消費者金融に比べると、審査や融資に時間がかかるところが多いです。審査は即日でも、融資に2,3日かかることも決して珍しくありません。急いでいる方には正直向いていません。

銀行によっては、口座開設もしないとカードローンを利用できないところもあります。加えて即日融資するためには、その銀行口座を持っていることが条件なんてところも多く、口座を持っていなければ即日融資はできません。この様に、消費者金融に比べて利便性が低いのも銀行カードローンのデメリットと言えます。

パート主婦は消費者金融で借りるのが無難

パート主婦は銀行よりも消費者金融に申込む方が良いです。その理由は、銀行カードローンのデメリットでもお話した審査基準にあります。銀行は審査基準が厳しいですから、収入に少なからず不安がある方は、消費者金融に申込む方が良いです。

ただし、消費者金融の審査が甘いというわけではありませんので、その点は勘違いされないように。

主婦におすすめの消費者金融

パート主婦にオススメの消費者金融を紹介します。

会社名 金利 限度額 即日融資 郵送物なし 無利息
プロミス 4.5%~17.8% 最高500万円
アコム 3.0%~18.0% 最高800万円
アイフル 4.5%~18.0% 最高500万円
モビット 3.0%~18.0% 最高800万円 ×

この中でも特に人気が高いのはプロミスです。プロミスは審査通過率が高く、2人に1人が審査を通過しています。過去に返済で問題を起こしていなければ、パート主婦でも審査通過の可能性は高いです。無利息キャッシングにも対応していますので、短期で完済すれば一切利息なしでお金を借りることも可能です。

プロミスならWEB上で申込みから契約、更には融資や返済も可能です。スマホから申込めますので、自宅にいながらでも利用できます。またプロミスには、女性専用のキャッシングサービス「レディースキャッシング」もありますので、キャッシングに抵抗がある女性でも安心して借りられます。

大手消費者金融は、どこも自動契約機で手続すれば即日融資も簡単です。しかも郵送物なしにすることもできますので、夫に内緒で借りることができます。モビットだけは無利息キャッシングがありませんので、無利息を目当てで借りたい方は、モビット以外に申込むようにしましょう。

専業主婦がカードローンでお金を借りる方法

収入のない専業主婦でも、カードローンでお金を借りることは可能です。ただし、パート主婦とは違って、借入れ先がかなり限定されますので、注意してください。

専業主婦は消費者金融から借りられないって本当?

専業主婦は消費者金融からお金を借りるのは難しいです。理由は、消費者金融が総量規制の対象になったからです。消費者金融は、年収の3分の1までしか個人に貸付することができなくなったのです。

収入がなければ、総量規制で借りられる金額は0になるということです。そのため、専業主婦が消費者金融からお金を借りるのは基本的にNGとなります。

配偶者貸付なら消費者金融で借りられる

実は、専業主婦は消費者金融から絶対に借りられないというわけではありません。総量規制には例外となる貸付制度「配偶者貸付制度」があります。この制度によって、収入のない専業主婦でも、消費者金融からお金を借りる事ができます。

配偶者貸付制度を利用するには、夫の年収と合算してカードローン会社に申込みし、年収の3分の1の範囲内で借りる事ができます。例えば、夫の年収が300万円なら、専業主婦の方でも最高で100万円まで借りられるということになります。

配偶者貸付制度を利用するには、夫の同意書と婚姻関係証明書など多くの書類が必要です。借り手だけでなく貸し手も審査に時間と手間がかかります。そのため、配偶者貸付制度を利用できる消費者金融はかなり少ないです。大手消費者金融では、どこも配偶者貸付制度を利用できません。ごく一部の中小サラ金でのみ利用することができますが、わざわざ手間のかかる方法で、なおかつ知名度の低いカードローン会社で借りる必要はないでしょう。

専業主婦は銀行カードローンで借りよう

総量規制は消費者金融やクレジットカード会社等の貸金業者が対象となり、銀行カードローンは対象外です。銀行カードローンは銀行法に則り貸付業務を行いますので、年収3分の1を超える貸付もできますし、専業主婦でも借りる事ができます。

また銀行カードローンなら、本人確認書類など簡単な書類だけで申込みできますので、配偶者貸付制度のように手間がかかることもありません。夫の同意書や婚姻関係証明書は必要ありません。

専業主婦でも借りられる銀行カードローン

専業主婦でも借りられる銀行カードローンを紹介します。

会社名 金利 限度額 融資にかかる時間
三菱東京UFJ銀行バンクイック 1.80%~14.60% 30万円まで 即日融資可
みずほ銀行カードローン 4.00%~14.00% 30万円まで 即日融資可
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 50万円まで 即日融資可
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 30万円~800万円 約1ヶ月
じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5% 30万円まで 即日融資可
東京スター銀行スターカードローン 1.8%~14.6% 90万円まで 約1週間

銀行カードローンは基本的に低金利ですが、じぶん銀行カードローンだけは最高金利がやや高めです。限度額も30万円程度が上限となっているところが多いです。専業主婦は本人に収入がありませんので、借りられる金額は高くないということは覚えておきましょう。

この中で専業主婦にオススメなのは三菱東京UFJ銀行バンクイックです。低金利かつ即日融資が可能と使い勝手が良いです。しかも銀行カードローンでは珍しく、郵送物なしで借りることも可能です。但し、テレビ窓口で契約した場合に限りますので、手続方法には注意が必要です。

在籍確認はあるの?

専業主婦が銀行カードローンに申込む上で心配なのが、夫バレしないかということではないでしょうか?在籍確認のために夫の職場に電話連絡されてしまえば、カードローンに申込みしたことがバレてしまいます。しかし専業主婦が銀行カードローンから借入れする場合は、在籍確認は自分が所有する携帯電話もしくは自宅の固定電話にかかってきます。

専業主婦が銀行カードローンの審査に通るには?

専業主婦が銀行カードローンの審査を通るポイントは、配偶者の収入の安定性にあります。収入の安定性と聞くと、金額の高さを気にしてしまうかもしれませんが、重要なのは毎月ほぼ一定の収入であるかどうかです。月によって収入にばらつきがあると不安定と評価され審査落ちの可能性が高いですから、夫の収入の安定性は一度確かめておくと良いでしょう。

夫が既にキャッシングしていても大丈夫?

夫が既にカードローンでキャッシングしている場合、審査に大きく影響します。その分、返済に充てられる割合が減りますので、審査は不利になる可能性が高くなります。他社からの借入額が大きければ、専業主婦が借りられる金額は少なくなります。

夫がキャッシングしていると審査に通らないわけではありませんが、金融事故を起こしている場合はほぼ間違いなく借りられません。カードローンの審査では、専業主婦本人だけでなく配偶者である夫の個人信用情報も確認されます。

専業主婦に問題がなくても、夫が過去に滞納や債務整理で信用情報に傷がついていれば、審査に通ることはないでしょう。ただし、一定期間経過すれば事故情報は消えますので、一生借りられないというわけではありません。

まとめ

パート主婦と専業主婦では、借入れ先の選択幅が違います。収入があれば消費者金融だけでなく銀行カードローンでも借りられますが、確実性を重視したいのであれば消費者金融に絞った方が良いでしょう。

一方で、専業主婦は収入がありませんので、総量規制対象外である銀行カードローンでしか借入れできません。借入れできる金額も少額になりますので、高額な借入れができると思って申込みしないように気をつけましょう。

関連記事(一部広告を含む)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 即日キャッシング希望の方へ。
  2. 昨夜のうちにカードローンの申込みが完了。午前中の早いうちに在籍確認の電話がかかってくるはず…。
  1. はじめての方へ

    主婦がカードローンでお金を借りるには?すべて教えます。
  2. はじめての方へ

    消費者金融の審査基準とは?審査に通るために必要なこと。
  3. 即日キャッシング希望の方へ。

    はじめての方へ

    即日キャッシングで絶対に今日借りたい人に伝えたいこと!
  4. はじめての方へ

    キャッシング会社の選び方は?徹底比較でオススメの会社が分かる!
  5. はじめての方へ

    土日に即日キャッシングする方法とカードローン会社一覧
PAGE TOP