はじめての方へ

カードローンの申込み時についた嘘はすぐにバレる上にペナルティーも有り得ます

カードローンに申込みを行なう際には、既に借入額が多かったり、他社借入件数が3社以上となっていると、審査落ちが気になって少なく記入しがちです。

しかし、貸金業者にたいしてついた嘘はすぐにバレてしまうので、デメリットしか無いことを知っておく必要があります。

カードローン申し込み時の嘘はなぜバレるのか

カードローンの申込みを行なう際には、貸金業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会が行われます。

カードローンの申込み時に入力した個人情報や他社借入状況については、信用情報照会により他社へ届け出ている内容との照合が行われます。

初めての申込み時ならば、個人信用情報機関へ何も信用情報が掲載されていないので、多少嘘をついてもバレないと思われがちですが、実際には思わぬ所から嘘が発覚しやすいです。

例えば、携帯電話本体価格は高機能化やスマートフォン普及に伴い本体価格が高額化しているので、キャンペーンにより実質価格のみ安く宣伝されていますが、中には10万円近くするスマートフォンもあります。

携帯電話を分割払いで購入することにより、毎月の返済履歴が個人信用情報機関へ登録されます。

勤務先情報も登録されているので、現代社会では信用情報が全く掲載されていない人はごく僅かです。

他社へ届け出た勤務先情報や年収が、そのまま信用情報照会で明らかにされてしまうので、整合性を審査担当者が確認すればすぐに矛盾点に気が付いてしまうでしょう。

正直に申告した方が審査結果が良い

カードローンの審査は、年収が多ければ通りやすいと考えがちですが、実際には収入がさほど多くなくとも安定した収入があると認められれば審査に通ります

貸金業者が審査を行なうポイントは、毎月安定した返済能力があるかどうかという点を判定していることを知っておくと良いでしょう。

勤務先情報については、他社借り入れ先へ速やかに転職時に申告しておけば修正されます。

また、他社借り入れ先件数や他社借り入れ残高については、個人信用情報機関へ信用情報照会をかければすぐに最新の状況が確認出来るので、本人申告額との相違が多いほど正直に申告していないことがすぐに分かってしまうでしょう。

審査担当者から見た時には、実際の借入残高を正確に把握していることが信頼できる申込者と判断出来るわけです。

本人年収については、職業・勤続年数・会社規模によって審査担当者は年収額をおおよそ言い当てることが出来るので、余程特殊な環境にない限りはそもそも本人による年収申告は正直かどうかを見極める判断材料となっています。

カードローンの申し込み時には、いかに現状をありのままに申告できるかが重要となるわけです。

カードローンの嘘がバレた時に起きる影響とは

カードローンの申し込み時についた嘘が、たまたまその場では発覚していなくても、途上与信やふとしたキッカケで判明することが少なくありません。

カードローンの利用規約に基づいた処分がされることになりますが、申し込み時からついていた嘘の中には、詐欺行為にあたる場合もあるので深刻な事態に発展する可能性があります。

カードローンが一時的に利用停止となる程度であればまだ良い方であり、収入証明書を提出しても利用限度額が減額されたり、貸付金額の一括返済を求められたりすることも少なくありません。

最も重い処分が下されると、カードローン自体が強制解約となることもあります。

うっかり勤務先情報を変更し忘れたといった状況ならば、初回は大目に見てもらえることもありますが、複数の嘘が重なった時には目もあてられない状況となるでしょう。

一括返済を求められるだけではなくなることも

カードローンの嘘がバレた時に、カードの利用停止と一括返済を求められる自体に発展した場合には、速やかに一括返済を行なうことが求められます。

家族や友人に頭を下げてでも借り入れを行い、一括返済期限に間に合わせなければ、次に待っているのは強制解約処分となるでしょう。

虚偽申告を行なった事実は、社内情報としてブラックリスト登録されてしまうので、一度嘘がバレただけで二度と同じ金融会社のカードローンを利用できなくなります。

強制解約処分にまで発展した際には、個人信用情報機関へ異動情報として強制解約となった事実が登録されてしまいます。

異動情報へ登録されてしまうと、事実上のブラックリスト掲載となってしまうので、他社カードローンへ申し込みを行なっても、異動情報に掲載された情報が消えるまでは借り入れが出来ないことになります。

カードローンの申し込み時についた嘘は、審査担当者を騙す行為となってしまうので、他社借り入れに対しても影響を及ぼす自体となりかねません。

カードローンの申し込み時には、嘘をついてもすぐにバレてペナルティーが加えられるだけですから、最初からありのままを申告して、審査担当者からの信頼を勝ち取ることが良い方法と言えるでしょう。

 

カードローンとおまとめローンは使い分けが肝心です

カードローンの借り換えは総利息に注意したい

関連記事

  1. はじめての方へ

    絶対に今日借りたい人必見!即日キャッシング徹底解説!

    絶対に今日借りたい人必見!即日キャッシング徹底解説!即日キャシングをう…

  2. 消費者金融の金利

    はじめての方へ

    消費者金融の無利息期間、利用する前に検討すべき項目とは。

    消費者金融の無利息期間消費者金融の中には、「はじめて当社をご利用の…

  3. はじめての方へ

    キャッシング会社の選び方は?徹底比較でオススメの会社が分かる!

    キャッシング会社の選び方は?徹底比較でオススメの会社が分かる!キャッシ…

  4. 無職なのに嘘をついてお金を借りる

    はじめての方へ

    無職だけど、嘘をついてお金を借りようとしたらどうなる?

    無職でも消費者金融でお金を借りられるのか?消費者金融は、貸付の条件…

  5. はじめての方へ

    内緒で借りたい人必見!キャッシングで家族バレを防ぐ方法を徹底解説!

    キャッシングをスマホで完結!来店不要でお金を借りる方法を徹底解説「…

  6. はじめての方へ

    闇金と消費者金融の見分け方-人生を破たんさせないための基礎知識

    金貸しを表現する、さまざまな言葉お金を貸すことを生業としているいる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融コラム

    カードローンの返済方法が豊富な商品を選びましょう
  2. 消費者金融コラム

    カードローンではカード受け取り方法に注意しよう
  3. はじめての方へ

    消費者金融の申し込み方法。人気NO.1は?
  4. 消費者金融コラム

    学生が利用可能なカードローンには消費者金融が多い
  5. 消費者金融 必要書類

    はじめての方へ

    何を準備すればいい?消費者金融の申込の必要書類
PAGE TOP