消費者金融コラム

カードローンではカード受け取り方法に注意しよう

カードローンの申込みを行なう際には、実際に専用ローンカードの受け取り方法について知っておくことは重要です。

なぜなら、審査に通過しても借入をするためには、振込融資を利用するか専用ローンカードによる借入が必要となるからです。

 

いつまでに借入をしなければならないのか、期限が決まっている場合ほどカードの受け取り方法を考える必要があります。

郵送によるカード受け取りは時間がかかる

カードローンの審査に通過した時に、最も多くの金融業者が対応している方法が、郵送による専用ローンカード受け取りです。

本人限定受取郵便により発送してもらえれば、家族が勝手に受け取りして開封されてしまい、カードローンの申込みがバレてしまう可能性を防げます。

 

金融業者により、書留郵便による発送がされるのか人限定受取郵便による発送が可能か、問い合わせれば教えて貰えるので利用規約に記載が無ければ申し込み前に確認してみると良いでしょう。

審査通過後に発送手配がされるので、手元に専用ローンカードが届く迄には少なくとも数日から1週間程度期間が必要です。

 

実際に借入が出来るのは、手元に専用ローンカードが届いてからとなるので、郵送によるカード受け取り方法は借入が必要な期限まで余裕があるケースに適しています。

自動契約機コーナーでカードを受け取れば即日キャッシングも可能です

大手消費者金融と一部の銀行では、自動契約機コーナーを全国展開しています。

自動契約機コーナーに出向けば直接契約も可能ですが、インターネット経由で申込みを行なうと、審査完了まで進めることが出来るので、審査通過を待ってから専用ローンカード発行のために自動契約機コーナーへ出向けば無駄足を防げるでしょう。

気分的にも審査に通過していることが分かった時点で自動契約機コーナーへ向かえば、不安な気持ちで長時間過ごすことが無くなります。

 

金融業者としても、自動契約機コーナーでは本人確認が確実に出来るので、オペレーターとの会話により明らかに本人では無い人に対して専用ローンカードを発行してしまうリスクを回避可能です。

既に全国展開している自動契約機コーナーを活用すれば、郵送にかかるコスト削減も同時に可能となるので、契約者にとっては早期にカードローンの借入が出来るメリットがあり、金融業者にとってはコスト削減策として有効となります。

 

専用ローンカードさえ受け取りが済めば、提携ATM経由で即日融資を受けることが出来ます。

カードレスタイプならそもそもカードの受け取りが必要なくなる

カードローンを利用する際には、そもそも専用ローンカードの発行と受け取りが必須とは限りません。

スマートフォンとインターネット接続環境が普及している状況下では、振込融資という手段が使えるので、専用ローンカードの受け取りを必要としないカードレスタイプのカードローンが登場しています。

 

WEB完結申込みを謳う消費者金融の中には、申込みから審査完了だけでなく実際の借入に至るまで電話連絡無しで行える契約方式が登場しているので、カードレスタイプのカードローンが身近な存在となっているわけです。

カードの受け取り方法を考える必要が無くなるわけですが、後から専用ローンカードの発行が必要となった場合に、契約内容の切り替えが出来るか確認しておくと良いでしょう。

 

振込融資では、金融機関が営業している平日のみ振込融資を受けられるので、土日祝日や平日夜間に急な借入を行なうことが出来ません。

専用ローンカードの受け取りを後から希望した際に、対応出来る消費者金融を選んでおけば、借入パターンが変わっても対応出来るでしょう。

既存のキャッシュカードなら既に受け取り済みとなる

カードローンを提供している金融業者は消費者金融だけでなく、銀行もカードローン事業を積極的に展開するようになっています。

改正貸金業法が完全施行されて以降、消費者金融には総量規制が適用されるので、借入が出来なくなった人が総量規制対象外の銀行カードローンに流れて来るようになりました。

 

銀行カードローンには、既に銀行口座を持っている人に限定した申込みと、口座開設者では無くても申込み可能な銀行カードローンに分かれています。

多くは専用ローンカードを発行して、郵送による受け取りが必要となりますが、例外的に既存のキャッシュカードをそのままローンカードとして使える銀行が存在します。

大手銀行であっても、既存のキャッシュカードにカードローンメニューを追加することで、銀行キャッシュカード機能だけでなくローンカード機能も持たせる対応が可能です。

 

審査に通過した時点で、ATMにキャッシュカードを挿入した時に表示されるメニューへ、カードローンボタンが追加されており、提携ATM経由ですぐに借入が出来るようになっています。

既存のキャッシュカードをローンカードとして使用する方法ならば、審査に通過した時点でカード受け取り済みとなるわけです。

カードローンの延滞による影響を理解して確実な返済を行いましょう

銀行カードローンを利用する際にはメリットだけでなく問題点も把握しておきたい

関連記事

  1. はじめての方へ

    キャッシングをスマホで完結!来店不要でお金を借りる方法を徹底解説

    キャッシングをスマホで完結!来店不要でお金を借りる方法を徹底解説キ…

  2. 無職なのに嘘をついてお金を借りる

    はじめての方へ

    無職だけど、嘘をついてお金を借りようとしたらどうなる?

    無職でも消費者金融でお金を借りられるのか?消費者金融は、貸付の条件…

  3. はじめての方へ

    【収入証明書不要】簡単な書類だけでキャッシングする方法

    【収入証明書不要】簡単な書類だけでキャッシングする方法キャッシング…

  4. 消費者金融コラム

    消費者金融の商品、何を選べばいい?

    消費者金融の商品とは消費者金融を利用したいと考えて、ホームページを…

  5. 消費者金融コラム

    学生が利用可能なカードローンには消費者金融が多い

    学生生活を送る上で、大学や大学院ではサークル活動も盛んです。必要な…

  6. 消費者金融コラム

    おまとめローンができる時、できない時。

    複数の消費者金融からの借金を返すコツ。その一つに「おまとめローン」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融 必要書類

    はじめての方へ

    何を準備すればいい?消費者金融の申込の必要書類
  2. 消費者金融を賢く利用するには

    体験談

    【体験談】消費者金融を上手に利用する方法と15回払いで50万円借りたOLの体験談…
  3. はじめての方へ

    内緒で借りたい人必見!キャッシングで家族バレを防ぐ方法を徹底解説!
  4. 消費者金融 電話

    はじめての方へ

    知っておけば怖くない。消費者金融から電話がくる4つのケース
  5. はじめての方へ

    消費者金融の審査から融資まで
PAGE TOP