はじめての方へ

キャッシング会社の選び方は?徹底比較でオススメの会社が分かる!

キャッシング会社の選び方は?徹底比較でオススメの会社が分かる!

キャッシング会社は数え切れないくらい沢山ありますが、一体どこで借りるのが良いのでしょうか?沢山ありすぎて逆に迷ってしまうという方も多いでしょう。そこで今回は、キャッシング会社の中でも人気の高い大手消費者金融を比較したいと思います。

どこで借りればよいのか分からないとお困りの方、是非参考にしてください。

どのキャッシング会社が金利が低い?

消費者金融でキャッシングを利用する際、比較で一番気になるのは金利ではないでしょうか。どこで借りれば利息が少なくて済むのか?これについては気になる部分ではありますが、中々分かりづらいものです。

なぜなら、適用される金利は消費者金融会社ごとに違いますし、利用する人の属性や借入限度額によって違うからです。つまり他と比較して金利が低いからと言って、必ずしもその会社のカードローンを低金利で借りられるとは限らないということです。特に初回は借入限度額が低めになることが多いですから、適用される金利は最高金利になると考えた方が良いでしょう。

金利が一番低いのはプロミス

会社名 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%

消費者金融は銀行に比べると、どこも金利が高めであることに違いはありません。ただ同じ消費者金融内でもプロミスは一番金利が低いです。最低金利で比較すればアコムやモビットの方が金利は低いですが、カードローンにおいては最低金利が適用されることはほぼありません。

金利は限度額に応じて決まり最低金利が適用されるには、そのカードローン会社の最高融資限度額が設定されないといけません。消費者金融は総量規制の対象ですから、年収3分の1を超える借入限度額を設定できません。ほとんどの人が最高融資限度額を設定されることはないのです。初回の借入限度額は10万円~50万円の範囲内で適用されることが多いので、適用される金利は最高金利である可能性が高いですから、金利を比較する際、見るべきは最高金利と言えます。

借入限度額が高いのは?

次は限度額で比較してみます。限度額も消費者金融会社によって微妙に異なりますが、基本的に大手はどこも最高限度額が高めに設定されています。

最高限度額はアコムとモビットがトップ!

会社名 限度額(枠)
アコム 1万円~800万円
プロミス 1万円~500万円
アイフル 1万円~500万円
モビット 1万円~800万円

消費者金融内で最も限度額が高いのはアコムとモビットでした。どの金融会社も下限は1万円~という点は共通しており、幅広い客層を取り込もうとしているのが分かり、消費者金融らしいと言えます。

どの消費者金融会社も限度額は高めですが、消費者金融においては最高限度額はあまり気にする必要はありません。総量規制により借入できる金額の上限が年収の3分の1までと決まっていますので、必然的に自分の年収に応じた金額までしか借りられないからです。年収300万円の人であれば、アコムやモビットに申し込んでも100万円を超える借入はできないのです。

また総量規制の範囲内なら希望する金額を借りられるというわけでもありません。最終的な借入可能額は審査によって決められます。それぞれの会社の社内規定に基づき限度額は決まりますが、傾向としては正社員や勤続年数が長い人ほど限度額は高めに設定されます。逆に非正社員の方や勤続年数が短い人、他社から借入している人は限度額は低くなります。

無利息で借りられるキャッシング会社は?


無利息キャッシングとは、一定期間、利息なしになるサービスです。例えば、「初めての借入日の翌日から30日間無利息」であれば、借入した人の翌日から起算して30日目まで利息が一切かからないというものです。

消費者金融は金利が高い分、新規顧客を獲得するために、このようなサービスを提供しています。短期間で完済できる予定があれば銀行カードローンで借りるよりもオトクなのです。

無利息キャッシングはプロミスが使いやすい

会社名 適用期間 条件
アコム 契約日の翌日から30日間
  • 初めての利用
  • 返済日を「35日毎」に設定
プロミス 初回借入日の翌日から30日間
  • メールアドレス登録
  • WEB明細を利用
アイフル 契約日の翌日から30日間
  • 初めての利用
モビット 無利息キャッシングなし
  • 無利息キャッシングなし

無利息キャッシングは、どの消費者金融会社も初回のみ適用となります。但し、モビットだけは無利息キャッシングがありません。無利息キャッシングを利用する際は、「適用期間」に注意が必要です。

プロミスは初回借入日の翌日から無利息期間が開始になりますが、アコムとアイフルは契約日の翌日から開始となります。つまりアコムとアイフルの場合、借入していなくても契約日の翌日から自動的に無利息期間が始まってしまうのです。契約してから借入までに間が空くと、その分無利息期間が減ってしまいます。例えば契約日から10日後に借入した場合、無利息期間は20日間分となりますので、10日分損してしまいます。

プロミスなら、借入しない限り無利息期間が開始されませんので、自分のペースで無利息キャッシングを利用できます。

返済方法はどこも一緒?

カードローンで借りたお金は返済しなければいけません。借りることばかり考えていて、いざ返済するとなった時、どうやって返済すればよいのか分からないという方は多いです。また返済方法によっては、手数料がかかるものもあります。利息以外に余計な費用を増やさないためにも返済についてもしっかりと理解しておくようにしましょう。

返済方法が多彩なのはプロミス

会社名 返済日 返済方法
アコム 35日毎、毎月指定日、毎月6日

口座振替、インターネット返済、店頭窓口、ATM、提携ATM

プロミス 5・15・25・末日の中から選択

口座振替、インターネット返済、店頭窓口、ATM、提携ATM、コンビニ(ロッピー、ファミポート)、銀行振り込み

アイフル 35日毎、毎月指定日 口座振替、銀行振り込み、店頭窓口、ATM、提携ATM
モビット 5・15・25・末日の中から選択 口座振替、銀行振り込み、提携ATM

プロミスとモビットは返済日を予め決められた日から選択となります。給料日後に近い日を設定すればスムーズに返済できるでしょう。

アコムとアイフルは、毎月指定日もしくは35日毎から選ぶことができます。35日毎ですと返済期間が延びるため、お金に余裕が無い時は助かりますが、その分利息を多く払うことになりますので注意が必要です。またアコムの場合は、口座振替を選択すると返済日は毎月6日となります。

返済方法はプロミスが多彩で、逆にモビットは返済方法がかなり限られています。

しかもモビットの口座振替は、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座のある方のみとなりますので、実質的には銀行振り込みか提携ATMでの返済となるでしょう。モビットは自社ATMがありませんので、銀行振り込みもしくは提携ATMで返済となると、毎回手数料が発生してしまいます。

最小返済額はアコムが一番少ない

カードローンの返済は、期日を守り決められた金額以上の返済していかなければいけず、これを最低返済額といいます。最低返済額は必ず支払うべき最低限の返済であり、金額は消費者金融会社毎に違います。

例えば10万円を借入した場合、各社の最低返済額は以下のとおりです。

会社名 最低返済額(10万円借りた場合)
プロミス 3000円
アコム 4000円
アイフル 4000円
モビット 4000円

アコム以外は最低返済額が4000円となりました。最低返済額の決め方は消費者金融会社毎に異なり、例えばプロミスの最低返済額は、以下のように決められます。

借入直後の残高 最少返済額
30万円以下 借入後残高×3.61%(1000円未満は切上げ)
30万円超100万円以下 借入後残高×2.53%(1000円未満は切上げ)
100万円超 借入後残高×1.99%(1000円未満は切上げ)

10万円を借りた場合、10万円×3.61%=3610円。1000円未満は切り上げとなりますので、最低返済額は4000円になるというわけです。

この中ではアコムの最低返済額が最も少ない結果になりましたが、一概に返済金額が少なければ良いというわけではありません。確かに月に占める返済金額が少なければ負担は少ないですが、返済金額が少ないということは元金入金が少なくなりますので、残高が中々減っていきません。その分、利息を支払わなければいけませんので返済総額が多くなってしまいます。

但し、最低返済額以上を支払えば良いので、資金に余裕がある時は多めに支払いすることも可能です。多く払った分は元金入金に充てられますので、残高を減らすことができます。

例えば、最低返済額が3000円で5000円支払いした場合、2000円分は元金入金に充てられるということです。

ですから最低返済額が少ない消費者金融会社を選んだとしても、余裕がある時に多めに払うようにすれば、返済総額を抑えることができます。大切なのは無理なく計画的に返済していくことです。

家族に内緒で借りられる?

カードローンを利用していることは誰にも知られたくないという方が殆どでしょう。家族はもちろんのこと、会社にもバレたくないものです。最近のカードローンはよりプライバシーに配慮した対応をしてくれますので、内緒で借りることも難しくなくなってきました。ここでは各消費者金融会社の対応を比較してみましょう。

自宅に電話がかかってくる可能性があるのはアコムとアイフル

会社名 自宅への電話連絡の有無 用件
アコム 電話あり

本人確認、トラブル発生時

プロミス 基本的になし

基本的になし

アイフル 電話あり 自宅への住まいの確認のため
モビット 基本的になし 基本的になし

プロミスとモビットは基本的に自宅への電話連絡はありません。これに対し、アコムとアイフルは自宅に電話をかけることもあるようです。アコムの場合、申込み後の本人確認時と何かトラブルが起きた際に自宅に電話をかけることがあるようです。但し、基本的には本人の携帯電話に連絡を入れるようで、何度かかけて連絡がつかない場合ややむを得ない場合は自宅に電話するようです。

アイフルも電話がかかってくる条件はほぼ同じです。ただ今は自宅に固定電話を置いていない家庭も多いことから、固定電話なしで申告することも可能です。仮に自宅に固定電話があっても、申込書には無理に記入しなくても構いません。

モビットは郵送物なしにするのが難しい

会社名 郵送物の有無 差出人名
アコム ACサービスセンター
プロミス 個人名
アイフル AIセンター
モビット NCセンター

いずれの会社も、カードローン契約すると郵送物が自宅に届きます。郵送物の中身は契約書類やローンカードです。郵送物に記載される差出人名はどの会社も、消費者金融とは分からないように配慮してくれます。但し、差出人名をネットで検索されてしまえば、すぐに消費者金融だとバレル恐れがあります。

自宅に郵送物が届かないようにすることは可能です。アコム、プロミス、アイフルは来店にて契約手続きし、カードを受け取りさえすれば自宅に郵送物が届くことはないです。

これに対しモビットは、WEB完結でないと郵送物なしにすることはできません。WEB完結なら書類のやり取りだけでなく、カード発行や電話連絡も一切なしで借入が可能ですが、WEB完結以外の申し込みですと、後日必ず書類等が自宅に届きます。更に、WEB完結は誰でも申し込みできるわけではなく条件があります。WEB完結申込みの条件は、「社会保険証」か「組合保険証」を提出できること、「三菱東京UFJ銀行」か「三井住友銀行」の口座を持っていることです。この条件をクリアできないとWEB完結申込みはできませんので、家族バレを絶対に避けたい場合はモビット以外の消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

審査・融資スピードが早いのはどこ?

カードローンは他のローンに比べ、申込み~借入が非常に早いです。特に大手消費者金融は最短即日融資をウリにしているところも多く、急いでお金が必要という要望にも応えてくれる非常に頼もしい存在です。

大手消費者金融はどこも融資が早い

会社名 審査スピード 即日融資の方法
アコム 最短30分 銀行振り込み(土日祝日も可)、ローンカード発行
プロミス 最短30分 銀行振り込み(土日祝日も可)、ローンカード発行
アイフル 最短30分 銀行振り込み、ローンカード発行
モビット 最短即日 銀行振り込み、ローンカード発行

最短30分というのはあくまでも目安に過ぎませんが、それだけ審査スピードに自信があると言えます。いずれも審査結果は当日中に回答してくれる可能性が高いですから、すぐに審査結果が知りたいという方には嬉しいです。

そして条件をクリアできれば即日融資を受けることも可能です。融資方法はいずれも銀行振り込みとローンカード発行の2通りあります。銀行振り込みは平日かつ銀行の営業時間内に振込み手続きを完了させることで、振込みで融資を受けることができます。アコムとプロミスの場合は、提携しているネット銀行の口座(アコムは楽天銀行と、プロミスは三井住友銀行・ジャパンネット銀行と提携)を持っていれば、15時以降でも振込みによる即日融資を受けることが可能です。

基本的には銀行振り込みは平日の15時がタイムリミットです。もし時間に間に合わなかったとしても、ローンカード発行できれば即日融資は可能です。各社ともカード発行可能な無人契約機を用意していますので、郵送を待たずにその日のうちに借入に使用するローンカードを受け取ることができます。受け取ったカードはすぐにATMにて借入が可能です。

無人契約機を使って即日融資を受けるならプロミスがおすすめです。プロミスは、プロミスの無人契約機だけでなく、三井住友銀行の無人契約機でも手続きすることができます。消費者金融の無人契約機に抵抗がある方や、近くにプロミスの無人契約機がない方でも三井住友銀行の無人契約機があれば手続きできますから、即日融資できる確率が高いです。

アルバイト・派遣社員必見!キャッシングする方法を伝授!即日もOK

土日に即日キャッシングする方法とは?

関連記事

  1. 消費者金融 最近の動向

    国による給付型奨学金。月3万円で足りるのか?

    ※12月1日追記国にによる初めての給付奨学金 「返済不…

  2. 消費者金融コラム

    カードローンの延滞による影響を理解して確実な返済を行いましょう

    カードローンの利用期間中には、決められた返済日に決められた金額以上の返…

  3. 銀行カードローンvs消費者金融

    はじめての方へ

    消費者金融と銀行カードローンどっちがいい?

    比較されやすい2つの無担保ローン急な出費や生活費の不足時など、個人…

  4. 他社からの借入で嘘をついたら

    はじめての方へ

    他社からの借入れに嘘をついて申告しても不利になるだけ。

    他社からの借入れがあるとこれからお金を借りようとしている人が、他で…

  5. ニュース
  6. 消費者金融 在籍確認

    はじめての方へ

    消費者金融の在籍確認まとめ。職場への電話確認は必須事項!?電話をされたくない場合の対処法

    在籍確認、その目的は?在籍確認とは、申込者が会社に実際に在籍してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融コラム

    カードローン業者の選び方は金利の設定を重視して決められない時はサービス面を重視す…
  2. 消費者金融 最近の動向

    国による給付型奨学金。月3万円で足りるのか?
  3. はじめての方へ

    モビットのWeb完結は電話連絡なし!在籍確認なし!郵送物なし!でキャッシング可能…
  4. はじめての方へ

    消費者金融の申し込み方法。人気NO.1は?
  5. 消費者金融体験談 

    体験談

    【体験談】彼が、私と消費者金融から借金。理由はパチンコ。結末は…
PAGE TOP